【就職】未経験でも!知識がなくても!身体を鍛えながら働ける職業3選【転職】

ビジネス
スポンサーリンク

翼屋です

今回はこんな会話があったので答えてみました

太りたく無いし身体がなまらないような仕事したいなぁ

じゃあ俺は普段筋トレしてるし鍛えながら鍛えながら稼げる仕事探そうっと!

知り合い
知り合い

そんな都合の良い仕事あるかいな!

あるんです!!

という事で

この記事では自身が経験してきた身体が鍛えられるであろう仕事を3業種紹介しています

スポンサーリンク

身体を鍛えながらできる業種

翼屋は働き始めたのが早く、16歳になるかならないかの頃でした

21歳で大型免許を取ってトラックドライバーになるまでの5年間に何種類かの仕事を経験しました

その中でこれは鍛えられると思った仕事を紹介します

職人

職人と一括りに言っても色々ありますが、特に現場職人は歩く、力を使う、階段を登り下りするで身体がなまるのを気にするような人には持ってこいの仕事です

大工、型枠、基礎、鳶、造園、瓦、内装職人は毎日ではありませんが力仕事が多いです

しかも職人を続ければ独立できる技術も身につくので一石二鳥

翼屋は約3年ほど足場屋(鳶職)を経験しました

足場の場合だとアンチ(幅の広いフックのついた布板)、ブレス、単管、クランプ、ビテ、その他材料がいちいち重いので嫌でも鍛えられます。

単管やアンチ、ビテなどを高いところにさし上げる事で大胸筋の強化にもなりました

10代当時はアンチ4枚を型に乗せて運んだり(足腰の強化にもなる)他の人より材料を多く運んだりしていたので

普段鍛えてるわけではないのに〝鍛えてる人〟に見られることが多かったです

なので見た目もそれなりになるのは実証済み

日給月給のところが多く雇われだと1日8000円〜20,000円くらいではないかと思います

揚重屋 ヨウジュウヤ(荷揚げ)

これも現場仕事になります

この仕事は身体を鍛える人のためにあるような仕事です

※この職種はもしかしたら地域によっては無いかもしれません

揚重屋(荷揚げ屋)の会社にもよると思いますが仕事内容は

上記に上げた職人が使う材料の荷上げ作業が主な仕事です

特に、内装職人の材料を現場に搬入するのがメイン

主な材料は石膏ボード、下地材(スタッドなど)、材木、紙袋のセメントなど

翼屋がいた所はこの材料がほぼメインで、多い現場だと毎日石膏ボードを何千枚単位で運んでいました

石膏ボードは1枚約12kgあり、それを4〜6枚ずつ運ぶをぶっ通しで何回も往復するので体力と筋力は嫌でもつきました(新人さんは2枚ずつでも潰れる💧)

余裕のある現場では10枚運んだりして同僚と競って遊んでみたりもしていました、2年間働いてたんですが当時筋トレは一切していなくて、それでも鍛えている今よりも腕は太かったと思います(特に前腕)

格闘技かなんかやっている人ですか?と言われることがよくありましたのでそれなりの体つきになるのはここでも実証済みですね

給料はそれほど高くありませんが覚えることも少なくただ強ければいいだけなので身体を鍛えたいだけならオススメです!

トラックドライバー

トラックドライバーも中々体力を使う仕事が盛り沢山ですよ

揚重屋が運ぶ荷物誰が運んでくると思います?重たいダンベルを通販で買ったら誰が運んで来ると思います?トラックドライバーなんですよ!

まぁ揚重屋がいる現場で運転手がボード運ぶことはほとんどないんですが、トラックドライバーにも色んな荷物があるので鍛えられる仕事は沢山あります

トラックドライバーに関しての記事もありますので興味があればどうぞ

おわりに

職人は長く続ければ手に職がつきメリットも多くオススメできる仕事です

トラックドライバーも1人で仕事をすることが多く責任感を養えます

揚重屋は身体を鍛えることに関してはピカイチな仕事といえます

以上3つの業種を紹介しましたがどれも力仕事を探している人にはいい仕事だと思います

以上です

ご意見ご要望・質問等ありましたらコメント欄か問い合わせまで、Twitterもやっていますので気軽にご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました