ダンベルプレスやフライでセット感インターバルは約3分

筋トレ
スポンサーリンク

翼屋です

筋トレする人
筋トレする人

筋トレのインターバルってどれくらいとってる?

たま〜に聞かれることがあったのでお応えします

スポンサーリンク

高重量の場合

僕の場合、ダンベルプレスやフライなどベンチで自分にとって高重量で胸をやるときはインターバルを約3分取っています

(自分にとっての高重量というのは人によって違うと思います。翼屋の場合今のところはダンベルプレスなら片方40kg以上。フライなら31kg以上。カールなら20kg以上が高重量になります)

あまり負荷をかけずにやるときや、自重の場合は約1分です

高重量のダンベルプレスやフライを行う場合、1セット終わった後は結構疲れています

1分程度のインターバルでは次のセットがほとんど挙がりません

短いインターバルでほとんどまともにできないトレーニングならやらないのとほとんど変わらない、それなら次がまともにできるインターバルをとってやった方が良いと考えているからです

無理してやると怪我をするおそれもあるし高インターバルならリスクも減るし今までそれでやってきてちゃんと効果が出ています

といっても休みすぎるのは効果が低くなってしまうので休んでも5分程度でほど良く疲れているくらいにしています

低重量の場合や自重

自重や腹筋ローラーではそこまで間をあける必要ないと思っています

なぜなら早く回復しているし高回数できるなら何回やっていても有酸素的な疲れになっているはずです

筋肉を回復させるというよりは息を整えるためのインターバルって感じですね

少しでも筋肉に刺激を与えるために短いインターバルで息を整えてからすぐに次へ移る

刺激に慣れてしまっていては筋肉の成長が止まってしまうのでインターバル間を短くし、追い込みます

セット数や回数が増えれば1分のインターバルでも結構しんどくなります

自重や低負荷では筋肥大は期待できませんが短いインターバルで高回数で追い込めば神経系が発達することもあるので無意味ではありません

まとめ

科学的根拠はありませんがインターバルを取るのは

自分の中の高重量は3分以上5分未満

低重量or自重は3分以下

ということでした

※あくまで個人的なものです

以上です

ご意見ご要望・質問等ありましたらコメント欄か問い合わせまで、Twitterもやっていますので気軽にご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました