パワーベルトを使ってみた。IROTEC(アイロテック)

レビュー
スポンサーリンク

翼屋です

腰を痛めて10日目。注文したパワーベルトが到着したので早速使用してみました

今回購入したベルトはこちら▼

スポンサーリンク

開封

レバーバックルとベルト本体が別れています

ベルトの素材は厚さ11mmの本革

ウエストには個人差があるので組み立て式になっているようですね

取説がなかったので画像と動画を使って組み立て方から説明書しています

バックル取り付け

マイナスドライバーが必要になります

取り付けは、バックルが右側に来るように装着します

普通のベルトのようにバックルを付けるとロゴが反対になります

自分のウエストに合わせて位置を決めてボルトをしめるだけです

ボルトをしめるのに少しコツがいります

ボルトを交互にしめていかないと上手くしめれないです

ボルトを両方落ちない程度に仮じめした後ベルトを曲げながらしめるとやり易くなります▼

片手で持ちながらこのようにベルトを曲げてもう一つの手でドライバーを回します

簡単な動画を貼りつけておきます▼

ボルトを本じめして完成▼

サイズ感

何度か付け直した結果。僕は最後の穴からひとつ目の穴で固定してちょうどでした▼

バックルを取り付けた後

ベルトの爪は4本あり、全てベルトの穴にかける方法と半分だけかける方法の2通りでサイズの微調整ができます

装着の動画▼

S M Lサイズで販売されています

Sサイズ▼

ウエスト約70cm〜85cm 全長:約94cm

Mサイズ ▼

ウエスト約81cm〜90cm 全長:約101cm

Lサイズ▼

ウエスト約92cm〜100cm 全長:約109cm

翼屋は身長171cm体重66〜68kgでSサイズを購入

使用してみた

腹圧がかかるのは感じます

試しにダンベルプレスとフライをやってみました

動画は実際につけてみて31kgダンベルフライ3セット目セットポジションまで

重量はプレスが片方40.5 kg

フライが片方31kg

それぞれ腰を痛める前の重量で上がり,レップ数もセット数もいつも通りできました

その後はいつものメニューをこなし終了

いつもの筋トレメニューはこちらの記事で紹介▶︎筋トレメニュー記事

腰の負担は軽くなるのは確実です!少し安心感が増えます

金具があるのでダンベルベンチはかなりやりにくくなりました(終わって戻す時)

装着の動画では右側にバックルが来ていますが他の人の使い方をみているとレバーバックルがちょうど正面の真ん中にくるように装着するのが正解みたいです

ダンベル系のベンチトレーニング以外では邪魔になることはないですね

腹圧がかかるせいか息が上がります

同じ動作でも疲れ易く感じました

最後に

少しでも腰に不安があるなら持っていて損は無いと思いました

今後も活用して怪我には気をつけていきます

以上です

ご意見ご要望・質問等ありましたらコメント欄か問い合わせまで、Twitterもやっていますので気軽にご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました