除菌用アルコールが品薄になった原因何だったの?今後おこる可能性は??

ネタ
スポンサーリンク

翼屋です

2020年に消毒、除菌用のアルコールや無水エタノールが品薄になりました

アルコールが含まれたウエットティッシュやジェルなども同様に手に入らなくなり、一時はアルコール500mlが7千円で売られるなど馬鹿げた値段になっていたのを覚えてますか?

2021年4月現在では簡単に手に入るようになっています

この記事では品薄になった原因を振り返り、今後同じようなことが起こりうるのかを考えていきたいと思います

おすすめのアルコール商品と消毒除菌用が手に入らない場合の除菌用アルコールの作り方も紹介します

スポンサーリンク

品薄になった原因

品薄になった原因の大元は新型コロナウイルス(COVID-19)

2019年12月31日に報道されたのが最初で日本や世界中で話題になり始めたのが2020年の1月。この頃はマスク不足が報じられていましたね

消毒用アルコールやエタノールが品薄になったのはこの新型コロナに対する防衛としてアルコール消毒を徹底するようになったこと

それに伴い消毒用アルコールの需要が高まり元々大きな市場ではなかったアルコール消毒液の生産が追いつかなくなったのが大きな原因です

店頭に並ばなくなったために市場価値も高まり、それを狙って転売ヤーが買い占める事態も重なってさらに品薄になりました

我が家はトイレットペーパーと消毒用アルコールでトイレ掃除をする習慣があったのでかなり困った覚えがあります。(当時はトイレットペーパーまで品薄に)

その時はたまたま仕事で使っていたイソプロ(イソプロピルアルコール)を薄めて消毒用アルコールを作りました

イソプロは口にはできませんが消毒用には使えます

この後、イソプロや無水エタノールまでもが品薄になり高額になったので2020年4月には消毒用アルコール製品はとんでもない価格に跳ね上がることになります

品薄になった原因をまとめると

・新型コロナが流行ったことでアルコール消毒の関心が高まり使用することが増えた

・需要に対して生産が追いつかない

・転売ヤーが買い占める

こんなところでしょう

今後も品薄、割高が起こるのか

品薄については花王(20倍増産)をはじめ、アルコール消毒液を製造している会社が増産したことによって徐々に解消されていきました

今現在でも新型コロナ禍真っ最中ですがアルコール不足は起こっていません

アルコール消毒液を元々作っていたメーカーに加えて酒造メーカーまでもが参入してきていますので今の状況のままであれば品薄になる心配はないかと思われますね

品薄時に旅先で見つけた酒造メーカーの高濃度アルコール

いずれ新型コロナの流行が終わったとしても今回のことで除菌や消毒が生活に定着してきているのでアルコール消毒の需要は高いままだと思います

ということでアルコール消毒の市場が元の生産量に戻ることはないと考えられます。2020年のような品薄状態になる可能性は低いのではないでしょうか

高値で売られることについては政府が対策を打ちました

2020年5月26日からアルコールを転売することが禁止になったのです

というわけで転売ヤーが買い占めることもなければとんでもない高値で売られるということもないでしょう

ただし、材料が品薄になれば正規の販売店が高値で売り出すことはあります

おすすめアルコール消毒液

色んなアルコール消毒液が出てますがおすすめするのはこれです

商品名はドーバーパストリーゼ77

新型コロナが流行る前からウチではテーブルやトイレ、その他色々拭き掃除にも活躍しているものです

(塗装や革製品にアルコールはNG)

しかも食べ物にかけても大丈夫らしいので家庭用に安心

使用頻度が高すぎてウチでは500mlのスプレーボトルを3つ使用

常時5ℓを補完しています

アルコール濃度は77%

これ、品薄の時5ℓで30,000円くらいだったんですよ💧流石に買いませんでした

自分で除菌用アルコールを作る

機械の掃除には水分を含まず揮発性が高い濃度100%が○。消毒用のアルコール濃度は70〜80%が適切と言われています

作り方は無水エタノールかイソプロなどの工業用アルコールを使います

口にしないことを前提とするならイソプロの方が安いですがエタノールの方が人体には安全です

※イソプロは有害なのでエタノールとは違い、飲めません

無水エタノールはアルコール濃度が99.5%以上なのでここでは100%とします

用意するのは

・100%のアルコール(無水エタノールorイソプロ)

・精製水(蒸留、ろ過、イオン交換などで精製された水)

・アルコール対応容器

作り方はアルコールと精製水を混ぜるだけです

70〜80%の濃度にするためには精製水1対アルコール4で割ると出来上がります

100ml作りたい時はアルコールを80ml精製水20ml

500ml入る容器に入れる前提でいくとアルコール400mlと精製水100mlということになります

最後に

アルコール消毒液は除菌や掃除にも使えて便利ですが危険も伴います

火の近くでは絶対に使用はしないようにしましょう

各メーカーの努力と政府の対策で品薄と高値が解消されているのでうまく利用してくださいね

以上です

ご意見ご要望・質問等ありましたらコメント欄か問い合わせまで、Twitterもやっていますので気軽にご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました