普段運動しない人間が約40Km歩いた時のおはなし??

ネタ
スポンサーリンク

翼屋です

今回は実際に40km近く歩いた時の感想を記事にしてみました

普段歩いたり走ったり等の運動をしていない人が長距離を歩くと

キツいけどなんとかなります

ただ、目的もやる理由もなくなんとなくノリで歩くと後悔しますよ

飲み物とタオルは持ってくべきです

かなり前の話ですが翼屋が東京都の東大和市から世田谷区まで歩いて移動したことがあります

なんで?

〝とある事〟で失敗し、自分に罰を与えるために交通機関禁止という自分ルールを実行したんですよ

めちゃくちゃアホです💧

東京都の東大和市から世田谷区の当時住んでいたアパートへ歩いて帰るというものでした

その場にいた友人たちにとめられるも「決めたからやる」と謎の決意をきめて出発したのは電車に乗ったりズルできないように日付が変わって間もない深夜0時頃

道も詳しくなかったので線路を辿り駅から駅へ移動し、最短とは程遠い距離を歩き、4時間くらい歩いた頃には膝とふくらはぎが痛くなってきて歩くペースも遅くなり、新宿駅が見えて来た時にはもう始発の電車が動いてました

ここで初めて休憩

電車に乗って〝チョンボ〟したい気持ちをぐーっと抑え、残り等々力駅までノンストップ!

後でGoogleマップで調べてみると歩きの最短距離は5時間43分(27Km)でした

めっちゃ遠回りしてたんですね

結果 アパートに着いたのが朝8時頃

そこから爆睡するも4時間も寝れずに起床

やり切った達成感より「疲れた!やめときゃ良かった」という思いしかありませんでしたね

健康のためのウォーキングもほどほどがいいですね

「走るわけじゃないから余裕っしょ♪」とか思ってたんですけどねぇ、甘かった

シューズも軽いのを履いてなかったら地味に重さが足を引っ張ります

普段ウォーキングしてる人は大丈夫そうですが何もしてない人間が無理して歩くと足が痛くて歩くのが大変になるので長い距離を歩くときはある程度練習が必要だということがわかりました

以上です

ご意見ご要望・質問等ありましたらコメント欄か問い合わせまで、Twitterもやっていますので気軽にご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました