ストレスフルな生活にヨガを取り入れる効果

健康、医療
スポンサーリンク

翼屋です

日常の生活にストレスを感じることは多いですよね

知らず知らずのうちにストレスが溜まっていて疲れやすく集中できなかったりしている場合はヨガが良いみたいですよ

ヨガとは何?という人に向けて簡単に説明すると、古代インド発祥の瞑想の技法です。歴史の中でさまざまな流派が生まれ、混ざり合って進化していき現代のヨガへ繋がっているそうです

では本題!

そんなヨガがストレスに対してどんな効果が得られるのか?

お応えしましょう!

スポンサーリンク

ストレスに対する様々な効果

呼吸とポーズで副交感神経を優位にできるヨガは自律神経の乱れを良くするのに効果的です

ストレスで自律神経が乱れると体に不調が出たり不眠の原因になります。副交感神経が優位になると便秘の解消にもなりますよ

呼吸

ヨガの呼吸は腹式呼吸がメインです

ストレスは知らず知らずのうちに呼吸が浅くなります。そうなると運動しているわけでもないのに息が上がったり、緊張状態が続いてしまい体にもストレスがかかります。ヨガは深く腹式呼吸をすることで全身に酸素を行き渡らせます。それによりリラックスして気持ちを落ち着かせ、緊張を和らげることができるので本来の呼吸を取り戻します

腹式呼吸は副交感神経が優位になる以外にも、末梢血管が拡張し、心拍数が減少、血圧が下がります

ポーズ

呼吸以外にもヨガといえばポーズ

有名なのはあぐらで合掌しているムドラでしょうか?瞑想をするのに効果的なポーズです

ポーズといってもかなり色んな種類のポーズがありますので実際に習うか自分で調べてやってみるのも良いと思います

ヨガのポーズにも副交感神経が優位になる効果が!特にストレスに効くというポーズもいくつかあるそうです

今はネットである程度のポーズが調べられますしスタジオやオンラインでインストラクターに習う方法もあります

ヨガは良く眠れるようになる

ヨガはポーズによりますが体を伸ばしストレッチ効果もあります

ストレスで眠りが浅かったり不眠に悩まされている人には自律神経を整えられる他、全身がほぐれ、普段の生活では行わない動きをするので適度な疲れ、副交感神経が有利になっているのでリラックスした状態になり眠くなるので上質な睡眠が期待できます

ヨガは細胞にも効く

ヨガは細胞の若返りにも効果があるようです

ストレスによって細胞は老化が進みます

細胞はテロメアというものが長いと若くなるとされています

テロメアについては以前のこの記事で分かります

2020年1月15日に、とある研究施設の研究で瞑想を行わない者と瞑想を行っている者のテロメアの長さを調べ、瞑想状態の人がより長いテロメアを持っていたことを示しました。瞑想の時間数が多いほどテロメアへの影響が大きいという仮説が出されました。瞑想がテロメアの消耗を防ぎ、テロメアの長さを増加させる可能性があります

ヨガの瞑想を長く行うことによりテロメアが長くなるようですね

最後に

ヨガは心をコントロールするのに効果的な技法です

精神のトレーニングとでも言いましょうか

日常にヨガを取り入れて日常のストレスと上手く付き合って行ってみてはいかがでしょうか?

以上です

ご意見ご要望・質問等ありましたらコメント欄か問い合わせまで、Twitterもやっていますので気軽にご連絡ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました